テニスの試合観戦マナー

テニスの試合観戦マナーとは

プレーヤーのマナー

プレーヤーのマナー

スポーツをプレーするとき守るものがルールですがお互い気持ちよく試合を進行するために正式に認められていませんが守ったほうが良いマナーというものが存在します。

テニスの場合、試合前に対戦相手とウォーミングアップする事自体、卓球以外類を見ないスポーツですが、ストロークからボレー、スマッシュ、サーブという順番も暗黙の了解で行われます。

学生や一般人の試合ではラリーが続くように打速をゆるくしたりボレーやスマッシュが打ち易いように山なりにしたりするようですが、プロ同士のウォーミングアップでは最初から鋭い球を打ってくる選手もいるという話も聞きます。

試合前にどちらから先にサーブを打つかを決める行為をトスと言い、一般の試合の場合どちらか一方が使うラケットをネット越しに相手コートに突っ立てこまのようにくるくると回して決めます。

地面に横になったラケットを拾うのは使ってもらった方というのがマナーのようです。

試合途中にボールを拾いに行ったりコートチェンジではネットを跨いではならないというのは当然のマナーですね。

テニスの試合観戦マナー

スポーツはプレーする側と見る側がいますがテニスの場合観戦するときのマナーを知っておく必要があります。

サッカーや野球は大勢の観客が応援してくれてにぎやかなほうが盛り上がったりその応援に押されて選手達の士気も高まり良いプレーができたりします。

室内競技でもバレーボールやバスケットボールはお決まりの応援コールが存在するほどで選手と観客が一体となって盛り上がり過ぎて会場が壊れてしまうのではないかという応援もあります。

しかしテニスの試合で同じようににぎやかだとプレーに集中できません。

ゴルフと同じように選手がボールを打つ時は静かにじっと黙って見守るのがマナーです。

テニスの試合に参加

特にサーブを打つ動作に入った瞬間、プレーヤーも観客も緊張に包まれ会場がそれこそ一体となり静まりかえります。

そんな時に携帯の着信音がなってしまったら実際にあるかは知りませんが退場ものです。

日本人のテニスの観客はため息が多いと言われているらしくマナーがなっていないと海外から酷評を受けているようです。

Comments are closed.